2017年5月28日日曜日

猫サンクチュアリ年代記 2017年5月 シャムがフレンドりに


サンボが死んで以来、急にシャムがフレンドリになった。

給食の時にミルクを注いでいると、すぐ近くまで来て待っているようになった。ある日は、食後、マタタビパーティにも参加した。初めてのマタタビはどんな味がしただろう。


シャムは、トミーのマタタビパーティにずっと参加したかったのだが、怖くて私に近づけず、参加できなかったのだ。


こんなに近くに!

2017年4月29日土曜日

猫サンクチュアリ年代記 2017年4月 サンボが急死


サンボが突然死んだ。

4月6日木曜日に、Hさんが自宅の裏庭でサンボが倒れているのを発見、駆け付けたMさんとNさんが動物病院に連れて行くが、翌朝病院で死んでしまった。原因不明。

サンボは緑色の大きい目をした美しい黒猫で、2014年の夏に裏門近くで生まれた。私が初めて会ったのは9月になってからだ。

サンボはトミーなど、猫サンクチュアリにいる猫たちの育てられたので、あまり人間になついていなかった。給食に行くと時々黒い塊が走っていくのが見えた。

大人になってからサンボの全身を見られるようになったが、ほんとうにきれいな猫だった。

サンボ写真



2017年4月1日土曜日

猫サンクチュアリ年代記 2017年3月 シロがいない


猫サンクチュアリからシロがいなくなった。

最後にシロを見たのは2016年12月18日の日曜日だ。

これまでも長期間見ないことがあったが、3か月も姿を見ないのはおかしい。昨年は去勢もすみ、よく朝ご飯を食べに来ていた。

どこにいったのだろう。念願の飼い猫になったのか、あるいは別の食事場所を見つけたのだろうか。

いずれにしても、無事でいてほしい。


2017年1月29日日曜日

猫サンクチュアリ年代記 2016年1月 ミー子が入院


ミー子さんが入院した。脇腹に大きな腫瘍ができたのだ。


猫おばさんの一人、Mさんが暮れに発見して、1月16日に動物病院に入院した。大手術の後、23日まで、8泊入院し、24日に退院した。


今はすっかり元気になり、食欲も旺盛だ。


とても寒い日が続いたので、食欲のあったりなかったりの坊ちゃんとヘンリエッタだが、おおむね元気だ。

写真はミー子と坊ちゃん




2016年12月31日土曜日

2016年12月 カイは行儀見習い中


今年は年の開ける前から寒い日が続いている。北風もぴゅーぴゅー吹いている。
でも今年最後の今日は、風のない日差しがたっぷりの暖かい日だった。

カイはトミーの保護下で行儀見習い中のようだ。カイがトミーやサンボと一緒に日向ぼっこをしているのを、先日見かけたが、今日のマタタビパーティでもあまり興奮せず、穏やかになった。

自転車置き場のミーコ、ヘンリエッタ、坊ちゃんもそれなりに元気だ。

来年もいい年でありますように。





ミー子、ヘンリエッタ、坊ちゃんの集合写真(?)とキンカン、カイ

2016年11月27日日曜日

2016年11月 マタタビパーティ再び


11月も雨や曇りの日が多く、外で暮らす猫たちにとってはつらい季節でした。
でも、トミーは、雨が降らない限りマタタビパーティの開催をあきらめませんでした。

そして、今日、ついにシャムも参加しました。もじもじした挙句、やっと一口なめただけでした。それでも大した進歩です。


先週はキンカンが、マタタビパーティの場所に先回りして、トミーの代わりに主催者になってしまいました。キンカンは大酒のみです。もっともっとマタタビをよこせと大騒ぎでした。

猫おばさんとトミーとキンカンの影

酔っぱらったキンカン

2016年10月30日日曜日

2016年10月 マタタビパーティ


トミーは週末の給食の後、雨が降らない限り必ずマタタビパーティを開催します。参加者はトミーと猫おばさんですが、最近キンカンも参加しました。シャムも参加したかったのですが、恥ずかしくてもじもじしているうちにパーティは終わってしまいました。